※画像をクリックする事で動画の再生が始まります。

タイトル 昭和34年伊勢湾台風被災証言(松阪市 葛原 定郎)
概要 伊勢湾台風ではないが、それまでに雨台風が多かった。いつの台風かは定かではないが、坂内川が氾濫して家の道路が冠水していた。ほかにも、川が氾濫し、腰まで浸かりながら職場から帰宅した覚えがある。
タイトル2 ショウワ34ネンイセワンタイフウヒサイショウゲン(マツザカシ クズハラ サダオ)
概要2 お名前:葛原 定郎
性別:男性
年齢(生年):90歳(2016年2月17日現在)
現住所:松阪市
被災時のお住まい:松阪市久米町
被災時の職業・学校など:三重大学 教授(当時34歳)
公開レベル 公開
出典 みえ防災・減災センター
提供者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者公開フラグ 公開
原本の保管場所
コンテンツの取得日時 2016年 03月 31日
コンテンツの住所 三重県松阪市久米町
コンテンツの撮影場所 三重県松阪市不明
タグID 床上浸水,松阪市,昭和34年(1959) 伊勢湾台風
コンテンツID 伊勢湾台風体験談・証言

動画に関する詳細情報