※画像をクリックする事で動画の再生が始まります。

タイトル 昭和19年東南海地震 体験談(三重郡八郷村 現四日市市広永町 森 逸郎)
概要 森逸郎(当時、5歳)は、自宅の縁側にいるとき、母親に言われて釜戸のところへ行き、足台のうえにいたときに揺れが起きた。慌てて履物もはかず、裏口の方へ行こうとしたが、足が思うように進まなかった。やっと裏口から外へ出ると、浄泉寺が大きく揺れ、傾いて見えた。後で兄と寺へ上がると、寺の裏の墓が全部倒れていた。
タイトル2 ショウワ19ネントウナンカイジシン タイケンダン(ミエグンヤサトムラ ゲンヨッカイチシヒロナガチョウ モリ イツロウ)
概要2 お名前:森 逸郎
性別:男性
年齢(生年):75歳(2015年2月26日現在)
現住所:四日市市羽津
被災時のお住まい:三重郡八郷村(現四日市市広永町)
被災時の職業・学校など:5歳
公開レベル 公開
出典 みえ防災・減災センター
提供者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者公開フラグ 公開
原本の保管場所
コンテンツの取得日時 2015年 02月 26日
コンテンツの住所 三重県四日市市広永町(三重郡八郷村)
コンテンツの撮影場所 三重県四日市市羽津
タグID 四日市市,昭和19年(1944) 東南海地震
コンテンツID 昭和東南海地震体験談・証言(映像)

動画に関する詳細情報