平成23年9月台風第12号による大雨で浸水被害に見舞われた紀宝町では、災害を風化させることなく、教訓を伝承させるため、平成23年9月4日当時の浸水最高水位を示す石碑等を平成26年3月末に紀宝町内7カ所へ設置しました。

■①相野谷保育所裏
■①相野谷保育所裏

■②大里多目的集会施設
■②大里多目的集会施設

■③善応寺付近階段
■③善応寺付近階段■③善応寺付近階段

■④牛鼻神社■④牛鼻神社

■⑤北桧杖多目的集会施設
■⑤北桧杖多目的集会施設

■⑥瀬原公民館付近
■⑥瀬原公民館付近

■⑦浅里神社付近
■⑦浅里神社付近

 

タイトル 紀宝町内の「平成23年 紀伊半島大水害時の浸水最高水位」を示す碑
概要 桑名市多度町下野代の徳蓮寺の境内にある安政の大地震の供養碑。嘉永7年(1854)、安政2年(1855)の大地震の際、横死した方々を供養した「諸国大地震横死万霊供養塔」が法印賢信によって建てられている。
タイトル2 キホウチョウナイノ「ヘイセイニジュウサンネン キイハントウダイスイガイジノ シンスイサイコウスイイ」ヲシメスヒ
概要2
公開レベル 公開
出典 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者 佐藤研志
提供者公開フラグ 制限なし
原本の保管場所
コンテンツの取得日時 2021年 9月 11日
コンテンツの住所 三重県南牟婁郡紀宝町鮒田1509
コンテンツの撮影場所 三重県南牟婁郡紀宝町鮒田1509 牛鼻神社他、紀宝町内6箇所
タグID 平成23年 紀伊半島大水害,南牟婁郡紀宝町,牛鼻神社, 相野谷保育所, 大里多目的集会施設, 善応寺付近階段, 北桧杖多目的集会施設, 瀬原公民館, 浅里神社付
コンテンツID 地震・津波の碑

コンテンツに関する詳細情報